Air B&Bでの出張マッサージ

出張でマッサージを呼ぶ時は通常ホテルを通じてお願いすることが多いのですが、昨今大阪を中心にシティホテルやビジネスホテルの予約がなかなか取れず、苦肉の策としてAir B&Bなどのサイトで予約ができる、いわゆる民泊を利用する機会が増えてきました。私は部屋のみを貸し出しする同居人がいるタイプではなく、ワンルームをはじめとする、宿泊先はいわゆるマンションを手配することがおおいのですが、貸し出しwifiがあったり、洗濯機があったり、ホテルにはない快適さがありますが、同時にホテルにあって、民泊にはないサービスもあります。それの一つとしてはマッサージがあります。どこにお願いしていいのかがわからないので、Googleで検索して出張マッサージというのを探してみました。そうすると出てくるのが「ん?性的マッサージ?」と思うものが多く、すごくドキドキしました。でも、とても肩と腰がつらかったので、その数多くあるサイトの中からあまり性的な匂いがしないものを選びました。電話をすると男性がとても爽やかに対応してくれて、ひとまず安心。夜中12時に部屋にきてもらうことになりました。私は強めのマッサージが好きなので男性をお願いしようとしたのですが、施術者は皆女性とのことでした。もう疲れていたので、どちらでもいいと思って「じゃ、お願いします」ということになり、女性が時間通りにいらっしゃいました。ピンクのVネックの深いワンピースのようなものを着用していました。愛想もよく、さっそく施術にかかってもらいましたが、一生懸命頑張ってくれているのはわかるのですが、あまり上手ではありませんでした。それは残念だったのですが、もっと残念だったのが、マッサージが終わり、お金を払う時にお金が入っていたポーチをバッグから出す時にコンドームが「ポーン」と出てきてしまったことです。気まずいので気づかなかったふりをしましたが、あれは間違いなくそうでした。私には性的なサービスは一切匂わせなかったですが、きっとそういうサービスを提供する側面もあるというのを生々しく感じてしまいました。それから出張マッサージを呼ぶことはありません。ホテルに泊まった時のみ、ホテル経由で信頼のおける方しか呼べませんよね。

ホームに戻る